TOEIC900点でも英語を使えない?本当に使える英語はDWEで!

TOEIC900点でも英語を使えない?本当に使える英語はDWEで!

多くの企業において、新入社員を採用する時や海外派遣の際に目安にするのがTOEIC。
TOEICは世界共通のテストで、日本でも年間227万人が受験をしています。

 

このTOEICの点数と実際の英語運用能力は比例しないことが多いというのが現状のようです。
TOEIC900点を持っていてもビジネスメールが書けない、取引先と英語でのちょっとしたやり取りができない、など。

 

私も実感として分かります。
私はTOEIC820点を持っているのですが、TOEICが公式ページで公表している能力レベルには届かないと思っています。
このレベルだと「日常のどんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」から「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」の間ということですが、「あれ、これは英語でなんて言うんだっけ?」ということはしょっちゅう。
一応の会話はできるので、言い方が分からない言葉は英語で状況を説明して言い方を聞くことはできますが・・・

 

就活のためにTOEICの点数を上げる勉強をしている人は多いと思います。
実は、TOEICで高得点を取るためにはコツがあって攻略法とでもいうものがあるそうです。
今の若い人はゲーム感覚でその攻略法を黙々と攻めているだけなのかもしれません。
企業の人事担当者の人たちはTOEICの点数だけでなく、実際に英語がどの位使えるかを見極める必要が出てきているようです。

 

 

それに比べ、赤ちゃんや小さい頃から英語に触れてきて、弁論大会などでも活躍している子どもたちがいます。
ワールド・ファミリーのサイトには3歳から9歳のお子さんの英語を話す様子が載っています。

 

本当に使える英語を身につけるなら子どもの時から本物の英語に触れることですね。
DWE(ディズニーワールドオブイングリッシュ)では実現できるようですね。

 

DWEの無料サンプルがもらえます。動画もチェック!?

スポンサードリンク