児童英検の準備にはテスト一体型のリスニング教材が◎

児童英検の準備にはテスト一体型のリスニング教材が◎

うちの娘が初めて児童英検を受けた時の記事はコチラ

 

児童英検とは・・・
文字通り、児童(=子ども)のための英検で、問題は全てリスニング形式です。
聞こえてきた英語に合った絵に丸をする簡単な解答方法です。
レベルはブロンズ、シルバー、ゴールドの3種類です。

 

ブロンズ・・・提携表現や基本文中の名詞、形容詞、動詞の聞き取り
挨拶や動詞を含んだ初歩的な会話(1往復)の聞き取り
簡単で短い文章(1〜3文)の聞き取り

 

シルバー・・・定型表現や基本文中の基本的な前置詞の聞きとり、いろいろな文の中の名詞、形容詞、動詞の聞きとり、カテゴリー別複数単語の聞きとり
話しかけに対する応答選択や簡単で短い会話(2?3往復)の聞きとり
簡単で短い文章(2?3文)の聞きとり、否定文や疑問文の聞きとりと応答
アルファベットと音声の結びつきの認識、簡単で短い単語の認識

 

ゴールド・・・いろいろな文の中での語句の聞きとり
簡単でまとまった会話(3往復以上)の聞きとり
つながりのある複数の文(3文以上)の聞きとり、5W1Hによる疑問文の応答、質問文の投げかけ
基本的な語句や簡単で短い文の認識

 

 

児童英検を受けるには、3つのパターンがあります。

  1. 学校や塾、英会話スクールで受ける児童英検ペーパー版
  2. 児童英検受験を実施している英会話スクールなどで申込をし、ペーパー版(従来の紙テスト)を受けます。
    いつも通っている学校などで児童英検を受けられるので安心してリラックスして受けることができます。

     

  3. 児童英検オンライン版
  4. 個人やグループで申込をし、オンラインで受験ができます。
    お家やお友達の家で気兼ねなく児童英検を受けることができます。

     

  5. 児童英検学校版
  6. 小学校の英語活動をサポートしている児童英検なので外国語活動の一環として学校や自治体で児童英検を実施し受験することができます。

     

 

 

英語で子育てをしているお子さんなら、児童英検を目指して英語を勉強するというより、今までやってきた英語で子育ての1つの成果確認テストのように使っている人が多いと思います。
うちの場合も、特に児童英検用に英語の勉強や準備をしたことはありません。

 

ただ、あくまでテストということで結果が出てきますので出来れば良い結果が出るほうがいいですね。
最近では児童英検をベースにした子ども向けのリスニング教材なども出ています。
オンライン版で受験をするお子さん対象です。
おうちで楽しく英語を学べるリスニング教材はラーニングのみ、ラーニング+テストのフルパックの2種類があります。
フルパックははテストとリスニング教材が一体型になっていてご自宅のパソコンで学べるドリルとゲームが入っていて、楽しく遊んだ後は児童英検のテストが受けられるようになっています。

 

詳しくはコチラより↓


スポンサードリンク