感嘆文にveryを付けてしまう子が多い話

感嘆文にveryを付けてしまう子が多い話

私は週の半分を自宅で英語教室で、半分を学習塾で英語を教えています。

 

塾で英語を教えていると感嘆文を作る時に元にあったveryという単語をそのまま残して付けてしまう子が多いです。

 

This is a very beautiful flower. ⇒What a very beautiful flower this is! のような感じで。

 

元の文のvery「とても」という意味を誇張していうのが感嘆のWhat「何て」という表現だと教えています。

 

ここで感嘆文の基本的おさらいを!

 

How + 形容詞 + 主語 + 動詞! 何て〜なんでしょう。
what + (形容詞)+名詞 + 主語 + 動詞! 何て〜な・・・なんでしょう。

 

中学生・高校生がよく間違える感嘆文には下記のようなものもあります。

 

今日は何て暑いんでしょう。 を How hotまでは出てくるんですが、その後の主語と動詞が分からない子が多いです。

 

天気を言う時には、It is〜で始めるという決まりを知らないから出てこない訳なんですね。

 

It is sunny.
It is cloudy.
It is rainy.

 

などと使いますよね。

 

それで、正解は How hot it is today! となります。

 

この記事が参考になる人がいれば幸いです。

スポンサードリンク