カナダ人xイギリス人の男の子との交流(3歳半)

カナダ人xイギリス人の男の子との交流(3歳半)

2003年6月9日(月)

 

取り組んだこと : ワークブック ジオスの『Ellie's book』 No.1−1〜5、32

 

2003年6月10日(火)

 

見たビデオ  : Mommy

 

聞いたCD   : ヒッポファミリークラブ 韓国語CD〜11

 

取り組んだこと : ワークブック ジオスの『Ellie's book』 No.1−1〜7

 

この頃気に入って見ていた『リチャードスキャーリー』はアメリカの絵本作家でビデオとDVDがシリーズで数本出ています。

 

ハックルというネコの主人公が色々な冒険をしたり、村の他の動物たちとのほのぼのとしたストーリーです。

 

ただ、現在はリチャード・スキャーリーは絶版になっているようです。
参考:リチャード・スキャーリーが好きだった3歳半6月の英語取り組み

 

 

2003年6月10日(火)

 

見たビデオ  : Mommy

 

聞いたCD   : ヒッポファミリークラブ 韓国語CD
           ECC JuniorのCD『Hip Hip Hoorey!』

 

取り組んだこと : Ellie's book 1〜7

 

 

2003年6月11日(水)

 

見たビデオ  : くもんぴあ ステージ2 G、H

 

取り組んだこと : Ellie's book8、9
            七田の生活基本文カード1〜60、1〜11 x 2回

 

Hugh君(カナダ人とイギリス人のハーフの子)とランチをして、Hugh君の家で遊んだ。
Hugh君との出会いはコチラの記事で

 

Hugh君の家は都内の中心にありながら、周りは自然に囲まれたとても閑静な場所にあり、
家賃などは全てお父さんが勤めている会社が負担してくれているという贅沢なご家庭。
例に漏れず、フィリピン人の家政婦さんをやとっています。

 

うちの子は、Let me use this. It's mine. Do like this.などの簡単な言葉だけを駆使し
あとはボディランゲージ(または力ずく)でコミュニケーションを取っていました。 

 

Hugh君一家との交流では英語の上達も望むところですが、言葉が分からなくても何とか頑張るということを学んでくれたらなぁと思います。

スポンサードリンク