英語で子育て〜8歳で英検準2級を取った〜おすすめ教材

カタカナ英語・間違い英語使ってない?本来の意味を知るには

Yahoo!のトップページに「知っていますか?この言葉の本当の意味」という気になる記事があり、クリックしてみました。

 

以下、ページの概要+私の感想・意見です。

 

  1. 生命保険は本来なら生活保障保険
  2. 英語の「life」を生活ではなく生命と訳したので、このようなことになった模様。

     

           

  3. ダイエットは「常食」「食事療法」という意味

  4. 英語の「diet」から来ています。この記事にはダイエットの意味はどこにもないと言っていますが、自動詞としてダイエットするという意味がありますよ。
    go on a dietでダイエットをするという意味です。
    ただ、第一の意味は「通常の食事」です。a meat dietは肉ダイエットではなく肉食、a vegetable dietaは野菜ダイエットではなく菜食、 well-balanced dietは栄養バランスの取れた食事 となります。

     

  5. 簿記は本来帳簿のこと。

    簿記の語源は意外にも英語。
    「book keeping」と言ったのを英語特有のアクセントでブッ・キッだけが聞こえ⇒「ボキ」となったらしい。
    明治時代の福沢諭吉が簿記を日本に紹介したらしいです。
    まあ、元の意味からはかけ離れたのですが、昔の人はリスニング能力が優れていたんですね。
    カタカナ式に「ブックキーピング」と言うよりも「ボキ」と言った方が通じると思います。
    小麦粉のことを指すメリケン粉の「メリケン」もAmericanのことですが、実に発音を忠実に再現していますよね(*^_^*)

(記事元:知っていますか?この言葉の本当の意味

 

 

その他にも「white shirt」の聞き間違いでワイシャツと呼ぶようになったなども有名な話です。
本来の英語の意味はもちろん白いシャツです。
英語でT-shirtみたいに「Y-shirt」と言うと思って「pink Y-shirt」などと言うとピンクの白シャツ???と全く意味が分からないものになります。
日本語は外来語が多いので元はどんな言葉だったのか?を調べていくのも面白い!

 

英語で語りかけをして子供を育てていると、間違った言葉を教えたくないですね。
ちゃんとした英語を覚えたいもの。
日本人が間違いやすい英語が載っている本がたくさん出ています。
私も何冊か持っていて勉強になることも多かったですよ。

 

 

スポンサードリンク