国内で高校生が留学体験できるのは武蔵大学

国内で高校生が留学体験できるのは武蔵大学

2015年8月3日(月)のヤフーニュースで気になる&絶対娘と行きたいイベントが載っていたので共有しますね♪

 

武蔵大学では、高校生向けの国際村「Musashi Communication Village」をオープンするそう。
もちろん無料開放ですよ。

 

通称MCV(Musashi Communication Village)では、外国人スタッフと気軽に英会話を楽しんだり、ゲームやアクティビティに参加でき、国内で留学体験できるんだって。
その他にさまざまな言語・ジャンルの本、雑誌、DVDなどの閲覧もできる予定です。

 

この施設は2012年に開設され、武蔵大学の学生さんを対象にネイティブスピーカーや学生スタッフとの英語でのフリートーク、英会話スクール講師による少人数英会話レッスン、日本人講師による超初心者向けの英会話レッスン、マンツーマンの外国語学習カウンセリングを行っています。
外国の習慣や文化を体験できるイベントやクッキング・クラスなどのアクティビティも豊富に行っているんだそう。
とっても盛りだくさんで、外国語(特に英語)を学ぶ生徒さんにとっては国内留学そのもので魅力的ですよね!

 

この高校生向けの国際村は昨年2014年に引き続き2回目だそうです。
最終目的は、もちろん武蔵大学を志望校とする生徒さんを増やすことだとの事ですが、無償でこのようなサービスを提供してくれることに感謝ですよね。

 

この記事を娘に教えると、即座に「行く!絶対行く!」とのこと。
夏休み中の12日間のみの開催なのでスケジュールを確認して、行ける時に2人で行ってみようと思います。
ただ、高校生対象なので私は入れないかも。
もし一緒に行くご兄弟などがいたら、中には入れないかもしれませんので大学側に確認後行ってみるといいですよ。

 

武蔵大学はうちからは少し遠いのですが、このような催し・サービス・イベントを行う大学がもっと増えてくれると嬉しいですよね。

スポンサードリンク